2012年11月27日

BMW323Iカークリーニング!

IMGP3307.JPG

BMW323カークリーニング!

今回のご依頼は当店の常連様のお車、国内外問わず複数台お車を所有するオーナー様が今回、売却前にリフレッシュし少しお乗りになる為、外装・車内と同時のご依頼を頂きました。

走行も僅か2万`台前半と浅く素材自体の劣化は少ない状態ですが(それでも一部・欧州車特有のプラスチック部の「ベタツキ・剥がれ」が確認されました)飲食による飲みこぼしがフロアー部にシミとなっています・・・

IMGP3276.JPG

クリーニング後は↓

IMGP3279.JPG

トランクルームでのカバー類では

IMGP3256.JPG

画像左側には15pほどのシミ汚れが有ります

そして作業後は↓

IMGP3257.JPG

シミ汚れもゴルフ場の芝刺さりも綺麗にリフレッシュしました!


そして外装メニュー

今回は「下処理・下磨き」でのご依頼!

先ずは入念な洗車作業から始まり塗装の状態をチェック

パネルごとの塗膜の厚さの測定で修理の経歴も分かります。

そしてボディーに刺さっている「鉄粉」の除去作業

IMGP3283.JPG

専用鉄粉除去剤を噴きつけ数分・・除去剤に反応した鉄粉が紫色に変色しています。

IMGP3287.JPG

表面的な鉄粉は除去できても深く刺さったものや少し大きなものは「専用ねんど」で優しく滑らせながら転写させ除去して行きます。

※自分の車に鉄粉が多く刺さっているか?のチェック方法は!

埃や汚れを十分に取った洗車後のボディー面をセロファン(例:タバコの外周を包んでるビニール等)で一方向に優しく走らせると「ボツ・・ボツ・・ボツボツ」と直ぐに確認出来ます。

そして再度洗車後、モール部の隙間やランプ類の隙間等にある水気をエアー等で飛ばし水気が無くなった状態で、ポリッシャー等の機器があたってはいけない箇所やコンパウンドが付着してはいけない箇所・塗装の薄いプレスライン等をマスキングして行きます。

IMGP3297.JPG

そしてポリッシャー掛け作業開始!

状態に合わせバフの選定からコンパウンドの種類を替え作業して行きます。

そして作業後は、洗車等で付いた「スクラッジ」等も消えピカピカボディーに変身致しました!

オーナー様お引渡し時には、ご指摘頂いていたフロアー部のシミも完全に除去でき大変ご満足して頂き、毎度ながら楽しいお話を長い間させて頂きました。オーナー様FJの乗車人数変更(サードシート装備)のご教授お願いします!



BMWカークリーニングは!

DCサポート

п@03-3609-3338

HP http://www.dust-crean.com


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60339114
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック