2012年08月17日

HONDAエアウェイブ車内クリーニング!

IMGP1984.JPG

エアウェイブ・車内クリーニング!


今回のご依頼車種はHONDAのエアウェイブ。

新車購入からお乗り頂いていたお車で走行の少ないお車では有りますが、車内のカビ臭やシート表面等にカビと思われる緑かかったモカモカなものが出てきたとの事で徹底したクリーニングのご依頼となりました。

先ずはシート類の取り外しから

IMGP2003.JPG

普段お手入れの出来ないシートとコンソールの隙間

IMGP1993.JPG

食べこぼし等の汚れが蓄積されています・・

画像をアップしてみると・・・

IMGP1994.JPG

カビが発生していました!

今回のカビ被害の原因はエアコン等の故障等では無く、食べこぼし等の養分を多湿度になる車内でカビが発生・繁殖したものと推測出来ます。

※一部に発生したカビは胞子となりエアコンの風等で車内を循環し車内の至る所で繁殖してしまいます。
勿論、締切った車内では人間の呼吸器系から体内に侵入し害を及ぼします!

クリーニング後は!

IMGP2010.JPG

しっかりと回収・カビの不活性化作業も致しました。

シートクリーニング

IMGP1995.JPG

画像では見えにくいカビの胞子が表面に存在しあらゆる汚れやシミが存在しています。

数工程を経て真打「リンサー作業」を開始

IMGP1998.JPG

そして回収した汚水類は・・・・↓

IMGP2001.JPG

回収する水の色が透明の真水のなるまで吹き付けと回収作業を繰り返します。


入庫時の状態 ↓

IMGP1995.JPG

作業後の状態 ↓

IMGP2000.JPG

カビや汚れ染み等もしっかりと回収し健康にも良い本当のリフレッシュシートに生まれ変わりました!!

そして車内全体のクリーニングをしっかりと行い、再度カビに悩まされることの無いお車に変身致しました。

オーナー様お引き渡し時には、初めてカークリーニングをご利用されたとの事でしたが「想像以上に変身してビックリです!!」との嬉しいお言葉を頂きました。

※梅雨時期から秋までにかけご依頼が多くなる車内のカビ被害ですがカビの性質上、根を張る性質の為表面的なクリーニングでは繁殖を繰り返してしまいますので徹底的な回収・不活性化が必然なクリーニングです。

カビ被害の予防として湿度の調整を行う事(雨等の外部の水気を持ち込まない等や家庭用の押入れ湿気取り等を車内に積載する)、駐車前にはエアコン(AC)をオフにして数分は送風の状態にしエアコンダクト内を乾燥させる等で予防が出来る事もございます、また湿度が高くなり易いマンション地下駐車場にお止めのお車ではセキュリティーに問題が無ければ1か所窓を1センチ開けて置くだけでも湿度の高騰が防げます。

カビの被害に遭われたら当店にお問合せ下さい!!


エアウェイブ車内クリーニングは!

DCサポート

п@03-3609-3338

HP http://www.dust-crean.com


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57642038
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック