2012年07月30日

車内クリーニング!アルカンターラ素材

IMGP1856.JPG

アルカンターラ&バックスキン素材


今回は多くの車内素材に使用されるファブリック製品以外にも一部の高級車やスーパーカーに使用される素材に付いて!

お車のシートの素材にしても本革・合成レザー・ファブリック・アルカンターラ・バックスキン、とあらゆる素材のシートが存在します。

その中でも高級車や特にスーパーカーなどに使用される素材「バックスキン」

アルカンターラと感触も風合いも似ている事から同じと思われる方も多いのでは?

基本的にクリーニングの際も水気と熱を嫌う素材では有りますが、その大きな違いを少し。


バックスキン = 雄鹿の天然革

アルカンターラ= 人工皮革(東レの商標登録の為厳密には東レ製のみ)

バックスキンでは裁断過程でとれるサイズ等が限られる為、車内で言えばステアリング等に多く持ちいれられます(超高級スーパーカー等ではダッシュ部やサイドパネル・ルーフに至るまで惜しげもなく使用されますが!)


バックスキン製ステアリングのメリット!


・何と言ってもレーシーな高級感。

・通常のソフトの握りの場合は路面のダイレクトな振動も打ち消すかの「やんわりソフトなモカモカ感」

・いざアクセル踏込コナー突入時には手がスッポ抜けないヤスリの様なグリップ感。

しかしそんな素材でも手の汚れ・油脂が詰まり起毛せず「ぺちゃっ!」

当店では一般では扱いずらい「バックスキン」の様な素材でも喜んで対応致します。


クリーニング例

IMGP1860.JPG
汚れや油脂が付着し本来の風合いが失われています。

クリーニング後
IMGP1865.JPG
しっかりと汚れを除去し風合いを取り戻します。


車内クリーニングは!

DCサポート

п@03-3609-3338

HP http://www.dust-crean.com





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57333797
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック