2012年04月03日

車のシートクリーニング!


車のシートクリーニング!

今回初めてお付き合いさせて頂く整備業者様からのご依頼。

一度、長い事お付き合いのある車内ルームクリーニング業者でクリーニングしお客様に納車したところ「リアシート座面部のシミはどうにかならないのか?」とのオーナー様のご指摘で再施工をする事に・・・

そして以前ウチで行ったH様のお車を管理されている今回の業者様が施工前・施工後の効果を見て頂いており信頼を頂きご依頼となりました。

前回行ったクリーニング業者さんでは「丸洗い」をしクリーニングをしたとの事ですが汚れシミがまだまだ残っている状態、

IMGP0214.JPG
(赤丸の中にはハッキリとシミが確認されます)

一概にシミ汚れと言っても多種多様な種類があり油性等の汚れが時間の経過で素材自体を染色してしまっている場合は抜けきるのに難しい場合もあります。

また、ただたんに強いケミカルで洗浄した場合素材が痛み、最悪にはシミは落ちずに回りの色落ちで逆にシミだけが余計に浮き上がり目立ってしまう事も有るのです・・・

先ずはシミや汚れの原因・素材を見極める事から始め的確な施工をしなければいけません!

そして今回のシミはポテトチップスなどのお菓子の油分がシート生地に付着し土質汚れ(埃等)が蓄積されていた様子です!
(特にこのメーカーのファブリックシートは糸目が粗い割に糸自体が何本もの細い糸で形成され一本の糸となっているので洗剤やブラッシングの強さより、ますシミ(汚れ)を取りやすく浮き上がらせる工程が重要となります)

他店で丸洗いしたクリーニング済みシートでも!
IMGP0222.JPG
ご覧の様なリンサー作業で回収した汚水が出てきました!
(色を確認するため一部です)

そして今回、完全にシミや汚れが抜けたリフレッシュしたシートをお引き渡すことが出来、ご依頼下さった業者様にお褒めのお言葉と「今後のお付き合い」を頂戴いたしました!

おすすめ頂きましたH様にも「Y社長本当に喜んでいたよ!」とのメールを頂き大変感謝致します。


追申:近年ではユーザー様がお車を中古で購入される箇所も昔と比べ幅広く選べる様になりました(ディーラー系中古車店・一般中古車店・業者オークション代行店・個人オークション・個人売買等)そして内装のコンディションも多種多様に状態が違います、購入され納車前の清掃・クリーニング作業も様々ですが、当店にご依頼される中古車を購入され作業させて頂くお車の多くが「クリーニング済み車両」との売れ込みで販売されていた車両です・・・

各販売店の「清掃・クリーニング作業」もピンキリと言えますが中には前オーナーが吸っていたタバコが灰皿にそのままに・・何て事も多くあります(この場合モラル以前の問題)。

販売店の規模や設備・機材等も重要とは思いますが、クリーニング業に関しても一番重要な事は「作業する者がお客さんにより多くのご満足を与え様とする気持ち」が結果、仕上がりの状態に一番現れ最も大事な事だとてんちょ〜は思います。

カークリーニング業に関しても大手フランチャイズ店から当店の様な個人営業等多くの業者が有りますが、「お客様の満足」より「技術の押し売り」をする店が多いのも現状です、しかしながら当店ではクリーニング業をサービス業と考え「価格以上の効果とご満足」をご提供させて頂く為、日々営業して下ります。


車内クリーニングは!

ダストクリーンサポート

п@03-3609-3338


HP http://www.dust-crean.com










この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54780807
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック