2011年07月25日

車内・ダニによる被害!(車内クリーニング)

CIMG5253.JPG
マークU・車内クリーニング!

今回のお車はトヨタの十八番車種・マークUです!

てんちょ〜の個人的な意見ですが80年代の丸目〜62年後期のガンダムっぽいマークUが今なお町を走っている姿を見ると何だかうれしくなっちゃいますお車でするんるん
(お知り合いの車屋さんと62年式辺りは旧車のカテゴリーか否かと頭を抱えた覚え有り・・・)

今回のご依頼は車内の「ダニ」による刺され被害との事で、当店の得意分野「アレルゲン除去」を主とした作業です。

車内でダニ・・?」と疑問に思う方も多いと思いますが、実は車内にはダニの繁殖しやすい最高の環境なのです・・

・密封空間の為、湿度が一定に高く住みやすい環境
・人間の老廃物(フケ・垢など)や食べ・飲みこぼし等の養分(餌)が豊富にある
又はダニの養分には「カビ」も含まれる為
・隠れやすく、卵を産みやすいファブリック製品(シートやフロアー・マッド)が有る

などなどが挙げられますが、そこで「ダニを殺せば良いのか・・?」って言うとそれでは不十分!

基本的には刺される被害は消えてもダニには死骸やフン・抜け殻までもがアレルギーを誘発する「アレルゲン」となります、それらのアレルゲンは生体よりも数倍のタンパク質が含まれ「ぜんそく・アトピー・各種吸入性アレルギー」を引き起こします・・・

また一般的には刺すダニ(ツメダニ)と刺さないダニ(ヒョウダニ)が存在していますが、ヒョウダニを餌にツメダニが来ますので、刺される被害が出たという事は、被害前にもヒョウダニの存在が多くいたというう事になります。

それらの被害を防ぐにはただ一つ「回収」あるのみです!

ご家庭やお車においても「バ〇サン」などの薬品系を使い始末する事もあるかと思いますが、お使い後はバキューム・掃除機掛けなどをしっかりと行い、また人体に害が有る成分を使用しているそれらの薬品は、散布後の濡れ拭き掛けなども行いましょう。
※特に、小さいお子様やアレルギー体質の方などは注意が必要です。

そして作業の方は!
CIMG5233.JPG
シート類は全て車外に出し作業!
CIMG5224.JPG

CIMG5229.JPG

通常の作業に加え、高圧エアーブラッシング&バキューム作業を繰り返し行います

そしてリンサー作業で回収した汚水がコチラ↓
CIMG5230.JPG
汚れと一緒にダニやカビの胞子などのアレルゲンもしっかりと回収します!
※ダニアレルゲンは水溶性ですので水の丸ごと洗いはもっとも有効です。

ファブリックパーツの他にも車内丸ごと各パーツもクリーニングします
 
ハンドルもご覧の通り!クリーニング後(左)はテカリも消え清潔にお使いいただけますね!
CIMG5245.JPGCIMG5249.JPG

CIMG5250.JPG
トランクルームもパーツ類を取り外してスペアタイヤボックスまで綺麗にします!


お引き渡し時にはオーナー様も綺麗に変身した車内とダニの回収作業の説明に今後お乗りになる心配の軽減をして頂き大変ご満足して頂けました。またご出産の後の準備としてともご利用して頂いた事を踏まえ、当店では安全な洗剤のみを使用して作業して下りますので、健康や効果と共に快適にお乗りになって頂けると思います。

車内のアレルゲン除去も!!

ダストクリーンサポート

п@03-3609-3338

HP
 http://www.dust-crean.com

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46936712
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック