2011年07月19日

フォレルター・車内クリーニング!

CIMG5062.JPG

スバル・フォレスターの車内クリーニング!

今回のご依頼は車内の土質の汚れが多いとの事でご依頼下さりました。

お子様が元気に遊んだあとにお乗りになる事からシート〜フロアーまで土質の汚れが付いている車内

お子様が通う幼稚園は「土の幼稚園」

近年、公園でさえも、生活の周りには「土」が無くなっていますね・・・・

そんな中、近年「土」で育む教育が見直されて来ています。

素足で「「土」を踏む事で足の感覚を育てる事から水を加え「どろ団子」を作ったりと・・・

子供さんの足や体のバランスに関わる異変は深刻な問題となっているのも現実です

てんちょ〜の親友が営んでいる靴屋さんも言っています!
(失礼・・・医療用靴製造の分野では海外からもオファーが有る職人さん!)
※若い頃はラリー・レーサーでラジコンやらせても超速・・・

靴工房トモエ 
http://www.tomoe-koubou.com/tomoe.html 

「最近は子供の外反拇趾が増え、症状のない子供の足形をとってみても地面に接し歩く為(踏み出し蹴る力)に必要な足の指が映らない子供が多く、今後の成長過程で足だけではなく膝や腰への負担・悪影響等が深刻になってきてしまう・・」との事です。

その様な事からも近年、子供の足の感覚を鍛える重要性が見直されて来ています。

話がそれてしまいましたので車内クリーニングに戻ります。

フロントシートを取り外したフロアー部
(土汚れなど普段掃除出来ない箇所に存在しています)
CIMG5029.JPG

CIMG5056.JPG

チャイルドシートを設置していたリアシートにも汚れやお菓子が多数存在
CIMG5030.JPG
↑座面部を取り外すと↓
CIMG5035.JPG
シートベルトバックル部の隙間から入り込んだ土やゴミ(お菓子等)

シート一脚から回収したリンサー作業で回収した汚水の一部です↓
CIMG5043.JPG
シート内部にもこのような汚れが存在します・・・

ルーフ部のクリーニングの際に気になるシミを発見!
CIMG5040.JPG
ラゲッジ部後方のモール部から帯状に伸びるシミ・・・
シミの性質上、車内から付いたシミではないと判断しラゲッジドアのモール部をチェックすると

ドアのヒンジ部横にある配線取り込み用のキャップ部が半分ハマってませんでした・・

ここから水が浸入しシミ(雨漏り)の原因になっていたと確信!
お引渡し時にオーナー様にお聞きしましたら、ご自分での配線処理は行っていないとの事で
※カッターによる切り込み→シリコンによる修復跡が有り
場所から考え「バックカメラ」などの取り付けの際、完全にはめ込まなかったことによる被害と判断致します。
CIMG5059.JPG
再度、雨漏りがしない様、しっかりとハメ込みました。
※また雨漏りがする場合=修復跡の隙間を疑い処理して下さい。

お車のお引渡し時にもファミリー全員でお越し下さり施工効果にご満足して頂けました。
また、ご家族の和やかな雰囲気に和ませて頂きのお引渡しとなりまして有難うございました。

車内クリーニングは!!

ダストクリーンサポート

03-3609-3338

HP
 http://www.dust-crean.com


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46836363
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック