2010年12月25日

車内クリーニング!(M・ベンツs550)

ブログ 1147.jpg

てんちょ〜です!

今日はクリスマスexclamation

てんちょ〜の自分用プレゼントプレゼントに買っちゃいました「ベンツ」。

ハイ!嘘です・・・すみません。

先日の車内クリーニングの車両です!
新車価格が福沢さん「1千ナン百人」の車両、エンジンも5500ccと大排気量、馬力もたしか385ps!トルクも図太い、ベンツの中でも最上機種の「S」クラス!!

オーナー様が業者さんを通し、オークションで購入された車両ですが納車前にキレイにされたいと言うことで、業者さまと調整の末、業者さまのショールームで出張作業させて頂くことに!(あとでご紹介!)

※今回はビフォー・アフター写真はありません
クリーニング後の写真と豪華室内装備をお楽しみ下さい!

ブログ 1166.jpg
インパネ・ウッド部
さすが超高級車だけあって、車内の至る所にウッドが装備されています、それも最上級のウッドexclamation
(深みのある光沢・上品な木目です)

高級車には欠かせないパーツですね〜!
てんちょ〜も以前乗っていた車両にもオプションでウッドを装備しましたが、カーショップでオーディオ交換の際に「バリバリ・・」と割られて仕上がりの際、ボンドでごまかされ納車!ショップに指摘すると「すみません」と今度は両面テープを手渡され「絶句・・・」ショップ選びは慎重に選びましょう!(特に大型カーショップは・・・)
※高級なウッドの場合、基本メインとなるウッドは一枚板から造られますので、傷・割れ・などで交換する場合は全てを交換しないと同じ風合いにならなく一パーツのみ交換だと違いがわかってしまいます・・・

ブログ 1164.jpg
運転席・ドアパネル部
とにかく装備の多いお車はその分スイッチも多くございます、メッキ部に関しても極小さいバリ・くぼみ・くすみもない状態で厳しいチェックを通った部品のみが工場で組まれるのでしょうね!


ブログ 1165.jpg
ハンドル周り
本皮・ウッドのコンビハンドル!

[ベンツのハンドルと言えばここで豆知識]
以前のベンツのハンドルと言えば、通常の車のハンドルよりグリップが細く・ハンドル径は大きい作りが特徴でした!
それってちゃんと意味があり、パワーステアリング(=ハンドルを動かす動作を補助して軽くする装置)が故障した際にも、ハンドル操作を極力小さい力で行える様に考えた末のハンドル径・グリップ径なのだそうです!!故障ありきで設計するところもベンツのすごさです。

最近のお車は、メーカー独自の作りが多く、エンジン始動やシフト操作・シフトの場所なども様々です!(たとえプロでもシートに座ってから、ん〜・・・と見渡すこともたまに。。。)

この車両のATシフトは、ハンドル裏・通常で言うとウィンカーレバーの位置にあります!(パーキングブレーキもポチッと指で一押し)
ブログ 1143.jpg
このクラスになると(全長5メートル超)リアシートの足元も余裕がありますね!
写真はフロントシートをマックス下げた状態でこのスペースは広いです、国産の最高級車「センチュチュリー」と同等かそれ以上かな!

ブログ 1144.jpg
リアシート上部のルーフ部にもエチケットミラー(照明付き)があります! 

そのほかにも乗車する全ての人が快適に乗車出来る装備などがわんさか装備されているこの車両、

お値段もスコブルはりますが「納得」です(まだまだ・てんちょ〜では買えませんが・・・)


追伸・オーナー様

ご所有のフェラーリとご購入予定のランボルギーニの車内クリーニングも当店をご指名ください!
来年度には外装(磨き・コーティング等)もメニューに追加しますので、あわせてご指名くださればと思います。
また、購入された業者さまとの当店にご縁を下さり、ご利用ともに有り難うございました。


ダストクリーン サポート

03-3609-3338

HP 
www.dust-crean.com

メール allregen@dust-crean.com












この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42246401
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック