2010年12月15日

車内クリーニング (ヤニ・匂い除去作業)

ブログ 1135.jpg

てんちょ〜です!

師走に入り忙しい毎日を過ごして体調をこわしていませんか?

インフルエンザやノロウィルスなど周りでも流行つつあります・・・
(てんちょ〜?大丈夫です〇〇は風邪をひきませんから・・・)

今回の車両は、「ホンダ・ステップワゴン」

ファミリー層からヤングユーザー(ヤングって・・・)まで幅広い層に人気のある車種です!

今回の車両。エアロパーツ・社外ホイール・社外グリルとカスタマズされた車両を中古で購入されたとの事。

オーナー様の前の車両もこの年式の「ステップワゴン」だそうで何とそのお車は「30万キロ」オーバーだそうです!!

聞くとその車両は、オイル交換とタイミングベルトの交換のみで後は、大したトラブルもなくお乗りになっていたとの事。

30万キロ乗っても、また同じ車種を選ぶオーナー様の思い入れもさる事ながら、選ばせる「ステップワゴン」もかなりの「出来る奴
」とお見受けいたします!

そして今回のクリーニングのウエイトは、車内に付いてるヤニ汚れと匂い、後は特定不明な部分的にある匂いの除去です!

ブログ 1120.jpg
ルーフ部に付着したヤニ。
前オーナーが試みた掃除の跡も・・・・

ブログ 1122.jpg
特に喫煙車の場合、運転席上部にヤニが多く付着しています。
(取り外したバイザーの跡とルーフ部にはクッキリと色の違いが・・・)

ブログ 1126.jpg
クリーニング後のルーフ部
(バイザー部との色の変化がなくなり全体的にも明るい車内に!)

ブログ 1134.jpg  ブログ 1133.jpg
スチーム作業で転写させたクロスを絞った汚水  リンサー作業で回収した汚水(ごく一部です)

ブログ 1123.jpg
樹脂パーツ類に洗剤を拭き掛けると・・・
(付着していたヤニが玉になって落ちはじめます!)

そして、シート・フロアー等の車内全体をクリーニングしていきます。
(特定不明な匂いの箇所のクリーニングも徹底的に行いました)

ブログ 1131.jpg
マット類も洗剤散布⇒ブラッシング⇒高圧洗浄機で濯ぎ作業!

ブログ 1132.jpg
十分な濯ぎをしてから、リンサー作業でお水を回収
(湿っているマットを車内に戻すとカビの原因になるので十分に乾燥させます)

「DIY・マットに付いたガムや油の除去法」

・パーツクリーナー(ホームセンターの車コーナーにある細長〜いスプレー缶・¥300以内)を用意
・油汚れは、クリーナーを局部に吹きつけクロスをこすり汚れを転写させます。(塊や固着している場合は以下の様にブラシで)
・ガムやアメは、吹きつけ後、ガムやアメが冷温になり固まるので、少し固めのブラシで擦り、ボソボソと剥がす感覚で取り除きます!

※マットは車内で一番汚れる場所でもあります、汚れを取ってキレイにする事と同時に匂いの除去にも効果があります。
(スタンドや洗車場のマット洗浄機では不十分と言えますので、ご自身でも一度徹底的な洗浄をオススメします!踏んだ感じが違いますから!!!)

そしてクリーニング完了後、オーナー様にご確認していただき作業終了となりました。
(目視での効果の方はご確認していただきましたが、気になる匂いの方は、オーナー様はお気になさらない匂いという事で、お気になさるご家族の方にオーナー様帰宅後、車両を確認していただく言う形になりました!奥様いかがだったでしょうか・・・)


追伸・オーナー様

例の物有り難うございました!
ブラック色のPCに変えた時に、ド真ん中に「ビシ!」と貼らせて頂ます!


車内クリーニング&マットレスクリーニング

ダストクリーン サポート

п@03−3609−3338

メール  allergen@dust-crean.com

hp  www.dust-crean.com










この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42100758
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック