2010年11月25日

車内クリーニング! オデッセイ・アブソルート

ブログ 1087.jpg

今回の車両は、ホンダ・オデッセイ!(アブソルート)。

出張作業にてのクリーニング作業ですexclamation

スポーツのコーチをしてるオーナー様は、この車両にて選手を大会会場等に人を運搬する機会が多く、車内での飲食が全席で行われるということで、食べこぼし・飲みこぼし等のクリーニングを主に行います。

シート自体の色は、ダーク系なのでシミなどは、目立ちにくいのですが飲みこぼし等の汚れは逆に「輪ジミ」が目立ちます、

そして意外とオーナー様が気づかないのが、天井(ルーフ)部の、飲み・食べこぼし等による跳ね汚れです!

場所的にも目立つところでもないし、重力の定義から言えば「上にこぼれる・・・?」何て考えられませんが大体の車両が「コーヒーやケチャップ」など割とついているのです!

※タバコのヤニは特にルーフ部に付着します!

ブログ 1081.jpg
(フロアークリーニング後!)
フロアー部をクリーニングする為、シートを車外に出しクリーニングexclamation×2

シートに入り込んだ食べ飲みこぼしの汚れを、水の噴きつけバキュームでの回収を同時に行う専用機器(リンサー)にて回収していきます。
ブログ 1076.jpg

透明のカバーの中に見える茶色いもの・・・シートにある飲み食べこぼしです!

この作業を繰り返し回収した水が透明になるまで続けます手(グー)


ブログ 1088.jpg

車内全ての箇所をクリーニングして取り外したシート類やカバー類を車内にもどします。

当店では作業の中にエアコンのダクト・吹出し口等のクリーニングもさせていただいてますが、案外交換していないのが「エアコンフィルター」です!

エアコンフィルターの交換時期はメーカーや車種により様々ですが、「〜2年交換」が多いようです!


「フィルターを交換しないと・・」

・目詰まりによる風量減やそれによる温度維持のロス!燃費に関わりますね・・・

・作動と共にフィルターに生存するカビの胞子を車内中に送り込み人体に影響・・・

・フィルターに吸収したニオイをそのまま車内に放出・・
(喫煙車は特に・・)

※喫煙車の場合は、フィルターでニオイの軽減は少しながら出来ても、タバコが人体の害となる一酸化炭素は90%以上通りぬけてしまいほとんど車内を循環して人体の呼吸器から取り入れてしまっています・・・(家庭用空気清浄機も、高性能機種・フィルターがドンドン出てきていますが実は一緒・・・)

今回の車両もフィルターをチェック!クリーニングさせてもらいましたexclamation×2

ブログ 1083.jpg ブログ 1086.jpg
ジャバラ状の底にはゴミが詰まってます  クリーニング後は目詰まりも解消!

※本来はエアコンフィルターは新品に交換をオススメしています。

クリーニング済みのフィルターを戻して車内は終了。

外装を洗車してオーナー様に、作業完了をご確認していただき作業の終了です
exclamation×2

今回もオーナー様に大変ご満足して頂きました手(チョキ)


ダストクリーン サポート

п@03-3609-3338

hp  
www.dust-crean.com

メール allergen@dust-crean.com


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41847560
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック