2020年03月23日

ベンツC63s・AMG車内まるごとクリーニング!

006.JPG


ベンツC63s・AMG車内まるごとクリーニング!


今回のお車はベンツのC63s・AMG、通常のCクラスセダンと侮るなかれ!見た目の印象からもヤバい感じが出ちゃってます特に、ココ↓

008.JPG

パッと見でC63と分かるボンネットのツノ!(勝手にツノとか言ってますゴメンナサイ)

Cクラスボディーに4000cc大排気量・大パワーのV8ツインターボ仕様のハイパフォーマンスモデル!

日頃の生活に刺激をお求めになりたい方は、是非ご購入下しまし!きっと風の向こう側まで連れて行ってくれること請け合いです(笑)。

そして今回、走行も浅く程度も良いC63を購入されたオーナー様、大事なご家族もお乗りになる事から、一度徹底したクリーニングをお望みになり当店にご依頼頂きました。

御入庫時、一見綺麗に見える車内も作業により綺麗に変身して行く過程を少しご紹介いたします。


それでは、フロアマットからスタートです。


洗剤散布から手作業でのブラッシング、高圧ジェットでの濯ぎ洗いと十分な乾燥を経て仕上げます。


057.JPG


トランクカバー等も


058.JPG

トランクルーム内もしっかりと作業致します。


059.JPG

060.JPG


リアのシートを取り外してみると、


061.JPG

通常、車内で飲食されていると隙間から形跡が残る箇所でも、


063.JPG


車内での飲食の履歴がほぼ見受けられません状態。


埃類の蓄積跡やヘアピンなどが存在していました。

062.JPG

飲食の形跡と言えば運転席フロア部のシートレールの隙間・・

064.JPG

爪楊枝付近には、カッチカチの米粒の固まり(おにぎり跡かと)が存在して下りました。


オーナー様がお気になさる箇所の一つ、

スポーツ・ハイスペック車に採用される事の多い、ステアリング部のバックスキン生地!

本来の起毛状態から汚れの蓄積でぺたーんとつるつるになって汚れているケースが多いですが、

当店での作業で生地を傷めることなく(コレ重要!当店自慢です!)綺麗に変身させます。

作業前の状態では、

098.JPG

特に使用範囲の汚れが目立ちます。

そして作業後の状態は、

101.JPG


新車時の状態です!


アップでの効果画像もどうぞ!

099.JPG

そして

105.JPG

見た目!握り心地!そして意外にもバックスキンの上品な香りまで復活します。

(オーナー様:ニオイの御確認は、信号待ちなどでは行わないようにお気を付け下さい!他車から怪しまれますので!)


レザー部の効果もしっかり現れました。

094.JPG

095.JPG

各ドア部の効果画像では、


運転席ドア部

069.JPG

070.JPG


助手席ドア部

072.JPG


リアドア部

074.JPG

075.JPG


センターコンソール・肘掛部

077.JPG


グローブボックス部


本革シート部の効果

082.JPG

083.JPG

085.JPG

087.JPG

リアシート部
089.JPG

091.JPG


そして作業を完了した車内の画像はコチラ

004.JPG

001.JPG


御入庫時に一見キレイに見えた車内もテカリが消え清潔感あるマットな質感に復活、今回の作業では目につく気になる汚れもステアリング部等、少なくは有りましたが、車内全体のリフレッシュは体感でき、また作業により、前オーナーさんが大事にお使いになっておられた事実も確認出来、今後大事にお乗りになって頂けるお車へと変身致しました。

そして、お引渡し時にオーナー様とのお話で、以前にワイフがご縁が有る地域がお近くとの事から、懐かしく想い、実は、本日お暇を見てファミリーで探索して来ちゃいました!中〇長者町インター近くのテンプルに20年ぶりにお会いできました方々とお互いに涙涙の再会に、きっかけのご縁まで頂きましたと、C63オーナー様には合わせて感謝申し上げます!


ベンツC63s・AMG車内クリーニング!


車内クリーニング


DCサポート

п@03−3609−3338

HP http://www.dust-crean.com
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187300515
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック