2019年01月20日

日産ノート車内カビクリーニング!

車内清掃画像.JPG


日産ノート車内カビクリーニング!


今回のお車は日産のノート、地下駐車場にお止になっていたところ、助手席回りとステアリング部等に薄っすらカビが生えている事に気づき、一度ご自身で洗剤拭きやアルコール除菌等の処理をしましたが、翌週末に確認すると、再度カビ被害に遭われている事で、徹底したクリーニングとカビの除去・不活性化・再度発生しない為の車内環境作りをお望みになり、当店に御指名頂きました。


それでは画像にて工程や効果をご覧くださいませ。


先ずはパーツの取り外しから、

005.JPG

004.JPG

012.JPG

シート下のフロアー部等には、飲食による食べこぼし等にカビが発生していました。

008.JPG

011.JPG

取り外したシート部サイドにはペットの毛や薄っすらカビも存在しています。

019.JPG


そしてフロアマットやラゲッジボート等を作業致します。

002.JPG

003.JPG

シート部本体の他に、ヘッドレストもしっかり作業致します。

016.JPG

ヘッドレストから回収した汚れの一部

017.JPG

シート部の効果画像

028.JPG

ご覧頂く為、座面部半分を目視できる工程で撮影しました。

カビ被害の多かった上記の助手席から回収しました汚れの一部は、

029.JPG

運転席に比べ助手席にカビ被害が多かった理由は、飲食の汚れがシートウレタン内部に多く存在してそれが、カビの発生養分となり車内湿度等と合わせ被害に遭われたと推測されます。

ステアリング部にもカビ被害が多かった事も、油脂汚れの蓄積汚れが多く存在している事からです。

ステアリング部の効果画像

052.JPG

画面中央のテープから左半分を作業して見ました。

055.JPG

洗剤拭きでは落とせない汚れも素材を傷めず、しっかり効果をお出しします。


その他、ドア部の効果画像でも、

036.JPG

038.JPG

041.JPG

リアハッチドアも

044.JPG

Bピラー部の効果

049.JPG

ラゲッジルーム内もしっかり作業します。

083.JPG

スペアタイヤや工具類、雨漏り等の形跡がないか等も作業・確認致します。

カバー類を戻し完成

088.JPG

フロア部も汚れを回収しカビが発生しにくい環境を創ります。

076.JPG

079.JPG


すべての作業を終え、再度同じ駐車環境にあってもカビの被害に遭いにくい車内環境へと変身致しました。

オーナー様、G〇Rのご依頼も首を長くしお待ちして下ります。


ノート車内カビクリーニング!


DCサポート

п@03−3609−3338

HP http://www.dust-crean.com
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185406713
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック