2017年12月08日

ユーノス・ロードスター車内クリーニング!

ロードスター画像.JPG


ユーノス・ロードスター車内クリーニング!


今回のお車は真っ赤なロードスター、製造から20年は経過してるこのお車ですが塗装の状態はオールペンしたてのプルンプルン・テカテカ仕様!と見違うばかりの状態、特に色褪せ易いレッド色をここまでの状態を維持されていたオーナーさんに拍手喝采です!

当時のメーカーオプション「BBSホイール」もしっかり履いて下ります。

ロードスターBBS画像.JPG

最近発表されましたマツダの「初代ロードスターレストアサービス」

日本のメーカー自体が過去製造販売した車の「レストア」を業務として行うこと自体本当に稀な事ですが・・・
最近の車業界では「レストア」カテゴリーは既に熟成されつつある分野、私の尊敬(崇拝する!)O社長様のファクトリーでは既にず〜と前から行っている業務でポルシェのレストアでも世界のパイオニア!
過去、日本最大のカスタムイベントにも出店され受賞し雑誌やメディアにも登場していた達磨「セリカ」のレストア過程で当店も携わさせて頂きました!

個人的にはメーカーがふんだんなお金を費やし動くほどの需要があるのか?在庫パーツでの組み立て交換等で、はたして「レストア」と呼べるモノなのか・・・

メーカーさん自体「車業界では最近、過去の車をレストアして乗るのが流行ってぞ〜少しそこら辺の仕事もつまんでやろうかっ!」では無く・・・
メーカーさんの仕事は本来「20年後にレストアしてもらえるような魅力ある車作り」だと強く思います!!!

※あくまで個人の意見ですが。。。

ハイ!熱くなりましたのでクールダウン↓して作業スタート!


例え車内がコンパクトでも取り外すパーツは多くあります。

シート類取り外し.JPG

シート類等を取り外し作業性もUPします。

フロアカーペット部の作業前・作業後

作業前

運転席フロア作業前.JPG

嫌になっちゃう程・・・綺麗です。

作業後

運転席フロア作業後.JPG

間違い探し位、じっくり見比べて下さいね、きっとわかります。

風合いも違っているのです!

リアスペース部

リアコーナー作業.JPG

カーペット類も取り外して作業致します。

リアコーナーカバー作業.JPG

リアフロアカバー作業.JPG

トランクルーム内の作業

トランクルーム内作業.JPG

トランクルーム内カバー作業.JPG

こちらもカーペット類やカバーを取り外し丸洗い致します。

工具も綺麗にし機能のチェックも怠りません。

工具類作業.JPG

意外とペンチが固着していたりリバーシブルドライバーが錆で取り外しできなかったりと不都合もございます。

そして作業後、乾燥を十分に行い戻し完了

トランクルーム内完了.JPG

ドア部の効果画像では

運転席側

運転席ドア効果.JPG

助手席側

助手席ドア効果.JPG


しっかりと効果が現れます。

シートもしっかり洗浄作業を行い乾燥を十分に行い車内に戻します。

シート作業後乾燥中.JPG

ファブリック生地のシートは十分に乾燥を行わないと(車内作業でも同じ)かなりの確率でカビの被害に遭います!表面の生地は乾いてそうに見え中のウレタン部は水を十分に含んでいます。
どこも・・毎回・・そうだとは言えません!けれども言わせてください!最近、他業者で「出張当日作業・・シート丸洗い!」依頼後に車内が異臭⇒当店依頼⇒カビ被害発見&残留洗剤あり+材質傷め劣化の事例も多く拝見します。


作業を終えたロードスターは外観の状態に負けない車内クオリティーに変身してんちょ〜が初めて購入したあの当時の状態に生まれ変わりました!


ユーノス・ロードスター車内クリーニング!

DCサポート

п@03−3609−3338

HP http://www.dust-crean.com
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181787026
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック